読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月の終わりに 〜江古田さかな祭り〜

「今日はごちそうだから早く帰ったほうが身のためだよ」と
リエさんに言われました。
前日に玄関に発砲スチロールがおいてあったので、もしやと思っていましたが、
実家から荷物が届いたとのこと。
いつも市場で働くリエさんのお母さんが素晴らしい、さかな救援物質を我家に届けてくれるのです。
楽しみにして早く帰ってみると、生マグロ、カニ、ウニ、エビなど普段なかなかお目にかかれないお魚の数々がボクを待ち受けていました。

す、すごい!生マグロなんて。。。うう、長生きするもんだ。
東京に住んでいるとなかなか美味しい魚に巡り合えないんですよねー。
築地とか行けば別なんでしょうけど。近所にいい魚屋さんがあるといいんですけどね。
最近、昔ながらのお魚屋さんが減っていて寂しい限りです。
などと感傷的になっている場合ではありません。
わさびをのせた生マグロを醤油に少しつけて、パクリ。
「美味〜い!」
醤油に生マグロが放った幸せの油が光り輝いています。
そして、ホッピーを一口グビっとな。「うひゃっ〜こりゃたまらん」
さらにカニ→ホッピー→ウニ→ホッピー→エビ→ホッピーマグロ→ホッピー→最初に戻る。
と、幸せのおさかなホッピーサイクルは延々と続きます。
美味すぎてタイやヒラメもボクも舞踊りです。
リエさんのお母さん、いつもありがとうございます!
以上、平日の江古田おさかな祭りでした。