読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットがやって来た!

リエさんのお母さんが「これからの時代、ネットくらいできるようにならないとダメよ!」
と一念発起して、インターネットを始めることになりました。
フレッツ光に加入し、iPad2無線LANルーター、プリンターを購入して後は、
設定するだけになり、ボクの出来る唯一のことなので、
リエさんの実家に行き、設定のお手伝いをすることになりました。

iPad2は我家でも使っているから、楽勝さと思っていたら、
これが間違いのもとでした。

結論から言うと、無線LANルーターがアクセスポイントモードになっていて
ルーターモードになっていなかったので接続できなかったのですが、
そこに至るまでがさぁ大変。

プロバイダーがYahooなので、Yahooのコールセンターに電話して、
すでにノートPCは繋がったが、ipad2が繋がらないことを告げると、
予想はしていましたが、アップルに電話しろとのこと。
Appleに電話すると、全部初期化してダメなら故障を疑えと言われました。

しかし、無線LANまでは繋がっているので、ハード故障はあり得ません。

要するに、プロバイダーから「お前誰や?」と言われて、パソコンでは、
ブラウザーの設定で、「ワシや」と答えることができるのですが、
Ipad2では、「ワシや」と答える機能がありません。

いろいろ調べた結果、無線LANルーターをルーターモードにすると、
端末の代わりに、「ワシや」と答える機能があることがわかり、
無事ネット環境が開通しました。

何事もそうですが、わかってみれば理由は簡単ですが、
そこに行き着くまで、最後まで諦めないことが肝心だと
思うのです。

リエさんの実家で、いつものように沢山ご馳走になり、
お土産も沢山いただいて帰って来ました。


家に帰りいつもの銭湯へ。
お風呂上りに、女将さんに本当の鹿のツノを見せてもらう。
こいつはすごい!

今日の夕飯は、リエさんの実家でいただいたウナギ、高菜漬、
鮭の中骨の缶詰、刺身コンニャク、自家製ピクルス。
ボクはホッピー、リエさんは梅酒の水割り。



気がついたら、自家製ピクルス以外はすべてもらいもの!
僕らの身体はもらいもので出来ている!という驚愕の事実が。

DVDで「ソーシャルネットワーク」を見ながらいただきました。

リエさんのお父さん、お母さん、ボクを受け入れてくれて、
ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。