読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強!タコ飯の夜

今日は歯医者で定時退社するので、朝から仕事そっちのけで夕飯のメニューを考えていました。


リエさんの実家から丸ごとタコを送って頂き、週末はタコの刺身や酢の物を楽しんでいたのですが、
せっかくなので、普段食べれないタコ料理がいいなぁと思っていたら、
クックパッドでタコ飯なるものを発見。
これは旨そう。
お弁当にもなるし一石二鳥だ。


歯医者の治療が終わり帰宅して、そのことを告リエさんに告げると、
「奇遇だね。わたしもタコ飯にしようと思ってたの」
と言うじゃありませんか。びっくり。


二人で交代でお風呂に入りながら、リエさんがタコ飯を作ってくれました。

他にはサツマイモの天ぷら、タコの酢の物、コンニャクとネギのピリ辛炒め、キャベツとネギのお味噌汁。


そして、本日の主役、タコ飯の登場です。



これはヤバい。旨すぎる。
圧力鍋で炊いたタコは柔らかて、ご飯はタコのエキスとお醤油が香ばしく、
一口頬ばると、あまりの旨さに日本人に生まれたことを感謝せずにいられません。


何かタコって、お刺身でしか食べたことなくって、
お刺身の中でもちょっと地味な存在というか、
マグロが主役だとすると、どっちかというと脇役な感じがするんですけど、
今日は違います。
長年脇を固めていた役者さんが突然、主役に抜擢されてアカデミー賞取っちゃったみたいな、
それくらいのインパクトがあるわけですよ、タコ飯って奴は。


本当に旨いなぁ、これ。

今日はリエさんと何回旨いと言っただろうか。

早く帰るといいことあるなぁ。